フローサイトメーター

世界のリサーチ分野のお客さまへ先端の検査装置のご案内です。

  • 神戸:078-992-6272
  • 東京:03-5434-8556

【受付時間09:00~17:35※土日休日を除く/その他休日はサイト上で告知

お問い合わせ

sysmex

フローサイトメーターsysmex

シスメックスが長年培った臨床検査機器での技術をベースに開発されており、計数の正確性を重視し、安定した光学・流体設計となっております。そのため、測定条件を設定すれば、煩わしい感度調整や蛍光補正をする必要がありません。

RF-500の特徴

■起動時に流路の洗浄とバックグラウンド値の測定を自動で行います。

■精度管理プログラムで経日変動を簡便に確認することができます。


■ガイダンス付きの測定条件の設定と本測定という2段階のワークフローで、
 同条件で複数サンプルを測定する際に便利な設計となっています。

■Gain/PMT電圧の設定がスライドバーを用いて簡単にできます。

RF-500を使用したアプリケーション例

■ヒトPBMCのCD抗原発現解析

CyFlow抗体で、表面抗原 (CD3,CD4,CD8, CD19)を染色しました。その後、フローサイトメーター RF-500で測定を行い、各細胞群におけるCD抗原発現を評価しました。

CyFlow抗体は、シスメックス社が販売する蛍光抗体試薬です。(http://cyflowab.sysmex-fcm.jp/


■アポトーシス解析

ミトコンドリア膜電位の減少 (DiOC2(3)) および細胞表面に露出したホスファチジルセリンの検出(Annexin V) により、Jurkat細胞におけるアポトーシスを解析しました。

■p53リン酸化解析

Etoposide刺激によりDNAダメージ誘導したA549細胞において、p53のタンパク質量およびリン酸化 (15pS) の増加が観察され(赤ドットまたは赤線)、細胞のDNAダメージ応答が示唆されました。


データはFCSフォーマットで出力したものを外部解析用ソフトで表示した結果を掲載しています。

仕様

蛍光検出感度(MESF) FITC≦150, PE≦100
蛍光検出分離能 CV≦3%
最小検出粒子径 0.5um
ダイナミックレンジ 24bit(Area)
レーザー数 1(488 nm)
検出部・フィルター FSC,SSC,FL1:527/30nm,FL2:595/50nm,FL3:695/50nm,FL4:>750nm
同時取得可能パラメーター 6 (FSC, SSC, 蛍光4)
最大波形処理速度 100,000 events/s (測定条件による)
再現性(カウント) CV≦2.5%
寸法 幅 350 × 奥行 540 × 高さ 574 mm
重量 約38kg
電源 AC100-240V (50Hz/60Hz)
消費電力 350AV(測定部のみ)
動作環境温度 15 – 35℃
動作環境湿度 20 – 85% (結露しないこと)
設置場所 直射日光、粉塵、振動は避ける
データ出力フォーマット Flow Cytometry Standard (FCS) 3.1

製品情報

*1はオプション品。 *2は消耗品。
本製品(項目)は研究用であり、診断に用いることはできません。